倒れた家のイメージ画像

地震をはじめとする自然災害を防ぐことはできません。また、用意万全に防災グッズを揃えたとしても、見た目がよくないという理由で押し入れや寝室の奥にしまっていては、いざというときに役に立ちません。

でも、目立つ場所に置いても気にならない防災グッズがあれば、安心して日常を過ごせるのでは? 今回は、そんな防災グッズのご紹介です。



災害のリスクを軽減!すぐに使える「MINIM+AID」

「MINIM+AID」画像

「MINIM+AID(ミニメイド)」は、災害が起きてから避難所へ到着するまでの間、最低限必要なものが完備された防災セットです。

たくさんの防災グッズを詰め込んだリュックは、収納しておく防災セットになりがちです。 しかし、従来の防災セットとは異なる「MINIM+AID」のコンパクトでスリムなデザインは、どこにでも置くことができ、必要なものをすぐに取り出すことができます。


異なる機能の4つのアイテムを1本に

「MINIM+AID」画像

4つのパーツは、01:LANTERN、02:CASE、03:RADIO、04:PONCHOの順に樹脂製の筒に収められています。蓋の裏にはホイッスルもついています。

01:LANTERN(状況に合わせて使える懐中電灯とランタンの2WAY)
02:CASE(災害時に眼鏡や常備薬など大切なものを収納)
03:RADIO(ラジオは手動式の充電器としてスマホやランタンの充電に)
04:PONCHO(ポンチョが入ったこのケースは水筒としても使用可)

肩に掛けられるベルトもついているので、両手を塞ぐことなく持ち運べます。傘立てやコートハンガー、玄関など、日常生活で目にする場所に置くことで、万一のときに備えることができます。




とにかく、すぐに使える。災害のリスクを軽減させるために開発された防災セットです。




インテリアにもなる防災備蓄セット「bibo」


「bibo」画像

「bibo(ビーボ)」は、インテリアとして生活空間にとけこむことをコンセプトに開発された防災備蓄セットです。いつでも手の届く場所に置いておきたいという発想から生まれただけあって、お洒落なデザインの箱に入っていいます。

赤がヴィヴィッドな「コンテナ」、落ち着いた木目の「ウッド」、クールな「デニム」、パステル調の「ドット」などの種類があり、リビングや子供部屋、オフィスなどにも違和感なく置くことができます。


家族に合わせて自由に選べる


「bibo」画像

備蓄品は家族構成に合わせて、「男性用」「女性用」「シニア用」「キッズ用」の4種類から2つのユニットを自由に組み合わせて選ぶことができます。

男性用:男性に必要な栄養バランスがとれた食事など
女性用:女性に必要な栄養バランスがとれた食事と女性用衛生用品など
シニア用:喉の通りがよいお粥、栄養バランスがとれた食事など
キッズ用:アレルギーフリー食品、リラックスできる菓子、玩具など

また共通アイテムとして、多機能ラジオライトや救急セット、非常用トイレなどが入った「共用箱」がついて合計3ユニットで構成されます。


防災という安心を贈ろう


「bibo」画像

防災や備蓄に関する情報は、世の中にたくさんあります。でも、家族構成によって様々で、なにを備蓄したら良いのかわからないのが現状です。

「bibo」の優れている点は、どんな家族構成にも簡単に選定できるところです。離れて暮らす両親や友人の結婚・出産祝いなど、贈り物としてもおすすめです。